生姜キングでガッツリ満腹ランチ!こだわりのハンバーグソースでいただく生姜焼きはリピートしたくなるお味。

昼からガッツリと肉が食べたいときってありませんか?そんな方にお勧めしたいのが、浅草橋にある「生姜キング」のランチ。

生姜焼きながらこだわりのハンバーグソースを使っていて、白米との相性抜群!これは、生姜キングを経営する会社が銀座でハンバーグ屋も経営しており、このコラボレーションが新しい生姜焼きを誕生させたらしいんですよ。

さらに大盛無料だったり、定食には小鉢のサービスもありガッツリランチに重宝するお店なので、ぜひチェックを!

働くわれらの味方、生姜キング

浅草橋駅西口から徒歩ですぐところにある生姜キング。看板が印象的過ぎるので、通り過ぎることはないでしょう。ランチの時間帯はさすがに混みあうので、この日は少し時間をずらしてお邪魔してみました。

お店の前にあるディスプレイには、生姜焼きがたくさん・・・!

メニューは「生姜キング定食(小鉢付き)」、「生姜キングライス(肉+ライスのみ)」「鳥から定食」の3カテゴリ。肉は、通常が5枚、Wが10枚という設定になっています。

11:00~12:00は、早割。

14:00~17:00は、唐揚げ2個サービス。

17:00~は、夜割。

基本的には、ランチの時間帯を外せばお得感あるご飯を楽しめるのがすごい!

注文は、券売機でチケットを購入します。

先ほどご紹介した3つのカテゴリに加え、「通常ソース」「辛」「タルタル」から選ぶことができます。単品で小鉢なども注文も可能ですが、その場合には抵触にしてしまったほうがお得のようです。

13時半も過ぎると一気に人が減りますね・・・!のんびり生姜キングを楽しみたいと思います。

ちなみに、小鉢はセルフサービスになっていまして冷蔵庫から1つ選びます。レンジも置いてあるので暖かい小鉢が食べられるのも嬉しいポイント!

ボリュームたっぷりな生姜キング定食!

今回注文したのは「W生姜キング定食」と「W辛生姜キング定食」の2つ!

よく食べる男性だと、肉5枚では少し物足りないかも。ただ、ライス大盛無料なのでご飯の量で解決できる方は、そういう選択肢もあり。

ただ、やっぱりがっつりと肉食べたいですよね・・・!

生姜キングのタレは、ニンニク・生姜・しょうゆをベースに18種類の食材を混ぜて作った珍しいタレ。

冒頭にも書いたように、同社が経営するハンバーグ屋のソースとして使用しているので、普通の生姜焼きとは少し違った味わいを楽しむことができます。

「普通の生姜焼きが良かったんだよねー」という方もいらっしゃるかもしれませんが、とりあえず1回食べてみてください!

こちらが「W生姜キング定食」。

濃い目の味付けに、がっつり盛りで食べ応えがあり、白米欲が刺激されまくりでした!実は、他の編集部員も以前来たことがあるらしく、通常の肉の量でも十分お腹いっぱいになったとのこと。がっつり行きたいときはぜひ10枚で!

また、夜22時までやってるので、個人的には帰りにビール飲みながら肉だけおつまみにしてもいいかなと思いました!(by 編集長)

こちらは「W辛生姜キング定食」のお肉。これが、思いのほか辛い!が、白米がとっても進む定食でした。

肉10枚ともなると、満足度は十分すぎるほど高い!しかも、辛さがあるので元気が湧いてくるというか午後からのやる気が出ますね。

どちらの定食も、白米との相性抜群なんだよなぁ・・・。

肉をがっつり食べて午後からも頑張りたい!

そんなあなたに、生姜キング!!

撮影・文/アルク