道具箱のようなホテル「イチホテル浅草橋」を拠点に近郊エリアを楽しむ。

浅草橋といえば、駅の周りには居酒屋をはじめ老舗料理屋や多国籍料理のお店など飲食店だけでも様々な文化が入り混じっっているんですが、浅草橋ならではの下町感がありとっても素敵な場所なんですよ。

そして、観光客はもちろんビジネスマンも多く滞在する街でもあります。つまり、宿泊施設も充実しているんです!

この日は、JR浅草橋駅西口から徒歩3分くらいのところにある「イチホテル浅草橋」を拠点に、浅草橋エリアをまわってみました。

ホテルの詳細と合わせてぜひどうぞ。

浅草橋という街

浅草橋は、主要観光スポットや空港や新幹線の駅などからのアクセスも良く、実は観光やビジネスの拠点にするにはお勧めのエリアだったりします。

また「格安で便利な宿泊先」として、ホテル業界で注目を集めているのが「AONエリア(浅草橋・押上・日本橋)」。日テレ系の情報番組『ZIP』で紹介されたことで、広く知られるようになりました!

東京観光の拠点は「AONデルタ」で! 今、注目を集める浅草橋・押上・日本橋エリアの秘密 浅草橋から15分圏内にある観光スポットまとめ!東京観光に最適なエリアです。

また、冒頭にも書いた通り飲食店が本当に充実しているだけでなく、昔から「問屋街」としても知られている街ですよね。

初心者でもOKな浅草橋問屋巡り ~革・アクセパーツ・造花・花火・バルーン編

本当に色々な魅力が詰まっている場所なんだなぁと、訪れるたびに感じます。

イチホテル浅草橋にチェックイン

イチホテルのコンセプトは「” Like a TOOL BOX ” 道具箱のように」。

公式サイトを見ればホテルの雰囲気が一瞬で伝わってくるので、その魅力がわかると思います!

江戸時代に石の匠が川に架けた橋が地域名である「浅草橋」は蔵前やかっぱ橋と並ぶ日本有数の問屋街として知られています。(中略)「イチホテル浅草橋」は、クリエイティブな可能性をおさめた道具箱のように旅の楽しさを届け続けるホテルでありたいと願っております。(公式ページより)

浅草橋の魅力をホテルで表現するってすごいですよね!日本人のお客さんもいらっしゃいましたが、やはり海外からのお客さんが多く泊まっているようです。

フロントのある1階の半分は、オールデイダイニングになっていまして、イートイン&テイクアウトなどが可能に。

実は、ホステルやコンドミニアムのような「居間のような共有スペース」が苦手なので、カジュアルな雰囲気なんだけどちゃんとお店のようになっているというのがポイント高かったです。

※朝食付きの場合には、ここで朝食をとることができます

部屋のデザインに魅かれる

部屋の間取りによって家具の配置は変わるようですが、基本的にはシンプルなデザイン。「道具箱」とあったのでもっとガチャガチャするかと勝手に思っていました・・・!

とってもシンプルで居心地がいい空間でしたね。

ホテルの部屋で必ずチェックしている「デスク周り」がとってもいいですね!この家具のまま自分の部屋に持っていきたいくらい。

カウンターテーブルくらいの奥行ですが、パソコン作業などには十分。さらに、ティッシュ・ゴミ箱・棚・空気清浄機・ラック・電源まわりが1つになっているんだからこれはすごい。

まさに道具箱といった感じでしょうかね。

また、細かい部分ですが各種USBケーブルに対応。旅や出張で必要な電気端末を一気に充電しちゃいましょう!

ベッドの横にも棚があり、ポットやセキュリティボックスなどが1つにまとまっていました。

実は、テレビ以外の家具はデスク周りとこの棚の2つのみ!様々な道具が綺麗に収められている姿がいいですね。

こちらはバスルーム。

ホテルのバスルーム(トイレ含む)が汚いとちょっとテンション下がるんですが、イチホテルは本当にきれい。

商品とのコラボもしているようで、今後色々な商品が体験できると嬉しいなぁ。

浅草橋を自転車で巡る

「自転車、借りれます」

これはいいですね!

浅草橋近郊には、お洒落カフェやスイーツが楽しめる蔵前や、王道「浅草」もすぐに行けます。

ぜひ、浅草橋を拠点に都内を楽しんでください!

浅草橋の飲食店

「浅草橋を歩く(本サイト)」では、浅草橋エリアの飲食店を100店舗以上レポートしています!実際に食べに行ったお店のみをご紹介していますので、ぜひご参考にしてください。

ここは浅草橋なの!? お洒落なコーススタイルのレストラン「焼鳥 うにか」 オーガニック野菜を使ったタパスと農家のカクテルがうれしい「うにか おにかい by omefarm kitchen」 穴場中の穴場!リーズナブル&アットホームなベルモントホテル併設の「ラコント」で夏の宴を満喫 常連に愛される老舗大衆酒場「住吉」は活気が溢れる浅草橋の楽園!

もっと読む

文・写真:アルク