浅草橋「きやり」でお弁当を買って出かけよう!

いつもモーニング記事を担当しておりますもぐもぐライターちえこじです!

今回、浅草橋で美味しくモーニングを食べたあと、よし! 仕事に向かうぞ~といったときに「浅草橋、朝もいいけど、昼も食べたい」・・・というもぐもぐ魂、心の俳句(字余り)が聞こえてきまして。

けれど、私の職場は浅草橋ではない・・・どうしよう・・・と平和な悩みに打ちひしがれていたところ、編集長が「気になっているお弁当屋さんがあるんです!」と教えてくれまして、遠く離れた土地で浅草橋のランチを堪能するすべ “お弁当をゲット” という道を編み出したので、本日はお弁当屋さんを紹介します!

その道40年「きやり」のお弁当

東口と西口のちょうど間を蔵前方面に2区画ほど歩いた、駅から徒歩1分の場所にある「きやり」。

「お弁当きやり」と書かれたシンプルな看板のみで、やっているかしら? と近づくと、日替わりランチのホワイトボードが出ていたので、やっている様子! と入ってみました。

外に出ている650円の日替わり弁当の他に、通常メニューは550円から。オードブルも頼めるようですね!

店長にお話を伺うと、今の店長は2代目で、お父様の代からお弁当屋さんなんだそう。

以前は浅草橋の高架下で営業されていて、およそ20年、そして、今の場所でさらに20年と40年もの間、この浅草橋のみなさんに愛されるお弁当を提供しています。

常連さんが多いとのこと、シンプルな入口なのも納得です。

洋風、和風それぞれお弁当を購入!

そんなきやりの歴史の話を聞いている間に、あっという間にその場でお弁当を詰めてくれました。温かいごはん、すぐにでも食べたくなります!!

何を買うかは悩みましたが、編集長がデミグラスハンバーグを、そして私は、大好きな紅鮭塩焼き弁当という洋風和風をそれぞれ選んでみました。

というわけで、お弁当を無事ゲットした私は、お弁当を持って黄色いラインの総武線でいざ出社です!

ランチタイム、お弁当をいただきます!

さて、午前中は仕事を頑張り、待ちかねたランチタイムです! 今回、せっかくなのでお弁当を食べるのに一番景色の良い場所を選んでみました。

紅鮭塩焼き弁当とお味噌汁です。きやりでも合わせてお味噌汁の購入ができましたが、私は持参のコンビニ味噌汁を合わせて。

まずはメインの紅鮭を。食べないという方も時々いますが、私は紅鮭の皮まで含めて大好きなので、皮つきでしっかり厚みのある紅鮭に満足。塩加減もちょうどよくて美味しくいただきましたよ!

そして、冷めてもやわらかく美味しいモツ煮込みや、味がしっかりついた唐揚げやエビカツも、お弁当には欠かせないおかずたちでごはんが進みます。付け合わせのマカロニと漬物を挟みつつ、あっという間の完食です!

おかず中心にレポートしましたが、白米が美味しかったのが何より満足度高かったです! ごはんは無料で大盛りに出来るので、量を食べたい人はぜひ大盛りにしてくださいね!

そして、編集部からもデミグラスハンバーグ弁当の感想が届きました!

半熟目玉焼きが乗っているボリューミーなデミグラスハンバーグ弁当は、写真を見ているだけでも食欲そそられます! 私も美味しくて気に入ったモツ煮込みは編集部でも大好評だったようで、ハンバーグにたどり着く前にごはんを半分も食べてしまったそう。

そして、メインのハンバーグの感想は、興奮伝わる食べた編集部員の声をそのままお伝えしましょう!

「メインディッシュのデミグラスハンバーグ。デミグラスハンバーグは、濃厚なザ・デミグラスソースといった味わい。ハンバーグも肉肉しさ満点で、しっかりとお肉の味を楽しむことができます。このハンバーグにデミグラスソース、さらに半熟目玉焼きを割って、黄身も合わせれば……その美味しさは言うまでもないでしょう!」

あまりにおいしく、ハンバーグ半分食べたところでごはんは完食してしまったそうですよ! ごはん、大盛りにしておくべきでしたね!笑

きやり店舗情報

  • 営業時間 月曜日~土曜日 9:00~18:00
  • 定休日 日曜日、祝日

和風も洋風もオススメのメインと、毎日食べても飽きない優しい付け合わせと美味しいごはん。夕方18時までやっているということで、夕飯用のお弁当も買えますね! 浅草橋以外の場所でも楽しめちゃう浅草橋の味、皆さんもお弁当と一緒にどこか出かけてみては?

文・写真/ちえこじ

もぐもぐライター ちえこじの記事はこちら。

浅草橋のモーニング