SNS映えだけじゃない!胃も心も満たされる「鳥茂×ペリカン」の老舗コラボサンドイッチがスゴい!

昨今、インスタグラムをはじめとした「SNS映え」の料理がフード界を賑わしているが、ビジュアルだけ重視で中身は…なメニューが多いのも事実。

そんな中、フォトジェニックなだけでなく、美味しさのインパクトもスゴいと評判の「SHIGERU KITCHEN」に行ってみた。

イースト東京が誇る名店の逸品がコラボ

お店はJR浅草橋駅東口から徒歩3分ほどの路地裏に。実はこちら、浅草橋が誇る創業50年超の老舗焼鳥店「鳥茂」の姉妹店。「鳥茂」の裏手にチャーミングな佇まいでひっそり営んでいる。

▼ 「鳥茂」

巨大串にやかん酒。老舗焼鳥店の極旨レバーと肉感最高のつくねを肴に飲んだくれる

(巨大串にやかん酒。老舗焼鳥店の極旨レバーと肉感最高のつくねを肴に飲んだくれる)

こちらは、現在暖簾を守る二代目の次女・原田久美子さんが、サンドイッチ好きが高じて2017年11月11日に「SHIGERU KITCHEN」オープンさせたとか。

浅草橋の酒徒なら誰もが知る名店の新業態というだけでなく、サンドイッチに使用しているパンは、昭和17年から浅草で営業する老舗ベーカリー「ペリカン」の食パン。

つまりイースト東京屈指の老舗がコラボしたサンドイッチとのことで、否が応でも期待が高まる!

サンドイッチとは思えないサイズに衝撃!

こぢんまりとした店内は、鉄板サイドに2席、壁側に4席。さっそくメニューをチェックしてみるとサンドイッチが10種類以上。

写真もスタンドで立てられているので分かりやすい。

目移りすること数分、一番人気という「鳥茂」名物のつくねをフィリングのメインにしたTorishige TsukuneのShioをオーダー。

こちらは限定数しかなく、日によってはすぐに売り切れるとのこと。

作っていただいている間、焼かれるつくねを見て唖然!

洋食屋のハンバーグかと見まがうような150gのボリュームに期待値はMAXに。

さらに待っている間、次々と訪れるテイクアウトのお客さんがお店の人気を物語っている。だいたいの時間で予約ができるとのことで、近隣企業のビジネスマンやOLの定番ランチとなっているようだ。

極厚×萌え断×重層的な美味しさの口福が広がる

待つこと数分、満を持してサーブされたのはコチラ。

一切れ6〜8cmはある極厚のインパクトもさることながら、見ただけで鮮度抜群なのが分かるレタスとトマトの彩りが添えられて、まさに“萌え断”! これ、写真を撮りたくならない人はいないんじゃないだろうか。

さっそく口を大きくあけてガブリッ。 牛、豚、鶏の挽肉と玉ねぎだけで仕立て、つなぎは一切不使用のつくねがふわっふわでジューシー!

塩ならではの肉の旨味がダイレクトに味わえ、シャッキシャキのレタス、ジューシーなトマト、そしてもっちりと甘いパンと相まって、思わず目をみひらいてしまうほどの重層的な美味しさ。

全サンドイッチのパンに塗っている自家製タルタルソースには、「鳥茂」の裏名物である糠漬けを刻んで忍ばせているとのことで、コク深い中に酸味を加える小技はさすがの一言。

一見食べづらそうだが、分割されているのでレタスを下にして持つとはみ出さずに済むとのことで、脇目も振らずに一気にいただいた。

サンドイッチとしては少々値は張るが、このクオリティと満足感なら、どう考えてもリーズナブルだ。小食な人は、まずハーフサイズ(650円)を試されたし。

  • Torishige Tsukune Shio→1080円

全てのサンドイッチにこだわりが光る

同行した編集長と、Torishige ChickenとChicken Salad with Curry SpicesをWでオーダーし、半々にしていただいた。

Torishige Chickenは、これまた厚切りの鶏もも肉を、水を一切使わずに継ぎ足している「鳥茂」の秘伝のタレをかけたもの。タレ自体に甘みが抑えられているので、食べ応えはありながら意外にさっぱり。

Chicken Salad with Curry Spicesは、鶏むね肉と程よくスパイスの効いたカレーをレーズンの甘みが辛さを中和したチキンサラダのフィリングで、スパイシーなカレーが苦手な人でも美味しく食べられるのが魅力的。言わずもがな「ペリカン」のパンとも相性抜群だ。

どちらとも、添えるものにクリームチーズか季節の野菜(取材時はトマト)が選べる。

  • Torishige Chicken→1080円
  • Chicken Salad with Curry Spices→1080円

限定営業だがテイクアウトもできるのが◎

全サンドイッチには、ペンネのデリと口直しでさっぱりさせてくれるオリーブ付き。

さらに、ランチセット(1350円〜)は蔵前の人気コーヒー店「コフィノワ」が「SHIGERU KITCHEN」だけに挽いたオリジナルブレンドのコーヒーやイングリッシュティー、チャイ、コーラ、お酒等も選べ、ドリンクだけでも可というのも嬉しい。

営業が平日は11:30〜14:00の2時間半だけと短いが、テイクアウトも可能で土曜日は夜まで営業しているので、店内でゆっくり満喫したい人は土曜日に訪れるべし(木曜と日曜は休み)

もはや浅草橋の新名物といえる極厚サンドイッチ。これはもう、全メニューを制覇するしかないね。

撮影:伊勢新九朗
文:宮谷烈

店舗情報