電車を降りてサッと寄れる!浅草線の改札内にある「越後そば」で出勤前に時短朝食

通勤通学の途中にサッと寄れるのが駅そば屋の魅力!

浅草橋駅付近にはいくつもそば屋が存在するが、改札内にあるのは浅草線にある「越後そば」オンリー!

今日は編集部に出勤する前に、朝食として蕎麦を食べてみました。

エスカレータを上ると蕎麦が目に入る

普段はJRを使っているので、存在を知らなかったのだが、京急線直通運転を知り、浅草線で通勤してみた。

ホームに降りて、改札までのエスカレータを上っていると、そば屋が目に入ってきた。駅そば好きとしては、このまま見過ごすわけにはいかない。

出勤時間までそんなに時間はなかったが、まだ朝食を食べていなかったので、暖簾をくぐってみることに。

このサイトのためにあるような蕎麦

入り口の券売機でメニューを選んでいると……。

ど真ん中に君臨する『浅草橋そば』の文字!

このサイトに掲載するからには、これを食べずして何を食べるというのか(笑)

この日は朝から暑くて、正直冷たい蕎麦を食べたかったが、もはや選択肢はなくなった!

500円玉を挿入して、食券を購入!

広々とした店内と心温まる蕎麦

店内はカウンターに椅子で座れるタイプの駅そば屋。

広々としていて、急かされる雰囲気はない。

待つこと数十秒。すぐに『浅草橋そば』が出てきた。

たぬきときつねと山かけ。まさに美味しいとこどり!

「いただきます」

蕎麦との出会いに感謝して、蕎麦をすする。

口の中で鰹出汁の香りが広がる。

揚げ玉を流し込み、油揚げにかぶりつく。

甘じょっぱい油揚げがいいアクセントになって、蕎麦が進む。

次は山かけを絡めていただく。

ヌルっとした食感がまた味変となって、舌を喜ばせる。

あっという間に完食!

食器を返却しに行くと、足の悪いお爺さんに店員さんが、

「持っていってあげるから座ってて!」

と、声をかけていた。

なんだか心があったまった。

気づけば出勤時間が迫っていた。

お店を出て、すぐにある改札を通る。

ガード下を早足で歩き、無事に出勤時間に間に合うことができました!

店舗情報

都営浅草線のJR側改札を入ってすぐ!

思い立ったらフラッと入れる雰囲気です!

撮影・文:浅草橋テルマ

出版を応援するWebマガジン「Be More」とのコラボ!

「浅草橋を歩く。」を立ち上げた編集プロダクションが運営するサイト「Be More」にて、今回紹介した「越後そば」を舞台にした短編小説が同時公開されています。

しかも、本サイトでインタビューした「ガッツおじさん」こと、たいこ茶屋の大将まで登場!

「いつも蕎麦にいるよ」、こちらもぜひ、ご賞味ください。

【いつも蕎麦にいるよ】 11杯目 都営浅草線浅草橋駅『越後そば』