ベリーベリースープで泊まらずにホテルの朝ごはんという新しいチョイス!

おはようございます!ちえこじです。

みなさんが朝ごはんをしっかり食べるとき、食べる場所ってどこですか?

普段は朝ごはんをあまりしっかり食べないという人でも、旅行に行ったときにホテルではついつい食べちゃうんだよね、なんて声を聞くことがあります。

というわけで、本日もぐもぐライターちえこじが、浅草橋で朝活、略して浅活をしてきた場所はホテル!泊まらずにホテルの朝食を食べるのも楽しいよ!というのをお伝えしていきます。

え?泊まってなくてもホテルで朝ごはん食べられるの?

今回のモーニングレポはこちら皆様ご存じアパホテル。浅草橋東口を出て左、蔵前方面にまっすぐ5分歩いたところにあります。

少し奥まっていますが、中を覗いてみると、カフェがありました!

Very Berry Soupベリーベリースープ アパホテル浅草橋店。

そうなんです、ここのホテルは、ホテルの朝ごはんを宿泊客以外にもカフェとして入れる形にして提供しています。宿泊客は朝食チケットを出せば食べられる、宿泊以外の方はお金を払って普通にカフェとして楽しめるという仕組みです。

洋風のスープセットにパンを添えて

朝食のメニューは大きく2つに分かれます。一つは店名にもなっているスープのセット。洋風のスープと和風の豚汁、和風のポトフやスンドゥブなんかもありますね。

そのスープにソーセージ&エッグプレート(サラダ付き)が付きます。たまごは目玉焼きかスクランブルエッグが選べます。パン、ごはんは食べ放題で950円です。

そしてもう一つのメニューはアサイーボウル。バナナやブドウをブレンドした濃厚スムージーです。鉄分、アミノ酸、ビタミンと栄養が豊富なので、朝ごはんにもってこいのメニューですね!

今回は私はパンプキン&コーンポタージュとパン、そしてたまごはスクランブルエッグの組み合わせにしてみました。

鮮やかなスープとたまごの黄色を見ると元気が湧いてきます。それでは早速いただきます!ス-プは濃厚で、もともとパンが載っていますが(あげたクルトンというよりはパンでした)確かにパンに合うなぁと、とってきたパンを浸けて食べてみたりも。

セルフサービスいろいろ

スープにつけたパンは、セルフサービスで食べ放題になっているパン。

食パンと小さめのバゲットがあり、その場で温められます。マーガリンといちごジャムがあったので、食パンはジャムと一緒に。

マーガリンとジャムのほかには、たまごにかけられるケチャップやサラダ用のシーザードレッシング、私は今回パンを選びましたがご飯を選んだ方用に漬物やゆかりもありました。

飲み物は冷たいものはオレンジジュースやアップルジュース、アイスコーヒー。

温かいものはコーヒーと紅茶がティーバッグで入れられるようになっていました。

ベリーベリースープ店舗情報

お客さんはホテルに泊まったらしき方(ホテル直通の入口から入ってきました)もいれば、私と同じように大通り沿いの外の入口から入ってくるカフェ利用の方もいました。

席数は2人掛けテーブルが9つと4人掛けボックス席1つ、カウンター席5つと計27名分。カウンターには便利な電源があったので、出張でホテルに泊まっている方も、最近人気な東東京エリアをこれから観光するぞという方も、軽く計画をたてるのに便利そうですね!

ランチ以降は、スープはもちろんのこと、パスタなども提供するがっつり食べられるカフェになるようですよ!

  • Very Berry Soupベリーベリースープ アパホテル浅草橋店(7:00~19:00)
  • モーニングタイム 7:00~10:30(最終入店10:00)
  • ランチタイム 11:30~14:00

たっぷり濃厚スープでお腹いっぱい!

“しあわせは一杯のスープから”がコンセプトのベリーベリースープであなたもしあわせな1日をスタートしてみませんか?

文・写真/ちえこじ