浅草橋駅から徒歩0分!老舗居酒屋「天ぷら 三定」の和食飲み会がオススメ!

浅草橋って居酒屋がたくさんあって「どこに入ろうか?」迷ってしまいますよね?いつも同じような店ばかりになってしまって食べ物や飲み物に飽きてしまうこともしばしば…。

そんな人におすすめしたいのが、「三定(さんさだ)」です。

昼はランチのかき揚げ丼が有名な老舗居酒屋で、なんと創業は天保8年!

そんな老舗の名店で和食を食べながら日本酒をチュッと飲むなんて、粋じゃないですか!

今回は、料理もお酒もこだわりのある三定を、「ウシ美」がご紹介します!!

ウシ美

穴子のふわふわ感が絶品・・・!和食とお酒を楽しみましょう。

浅草橋駅から徒歩0分の老舗居酒屋

JR浅草橋駅西口から、なんと徒歩0分にある三定。

駅を出るとすぐに、インパクトのある「天ぷら 三定」の看板が出迎えてくれています。

夜の営業はランチの営業とは違う、落ち着いた別の雰囲気を醸し出しているのです。

入口の横には、名物のかき揚げ丼のサンプルがショーウィンドウにあり、懐かしさを感じてふらっと入りやすいお店です。

店内に入るとまず目につくのはこのレジ!

時代を感じるレトロなレジに私は釘付けになりました。

イロハニホヘトのボタンの使い方は?

なぜ英語はABCDEのボタンしかないのー?

と色々気になりましたが、奥へ進みます。

1階にはテーブル席があり、2階に上がるとなんと50名も入れる広いお座敷が待ち構えています。全体的に温かみがあり、ゆったりした雰囲気を感じられました。

定番からレアなものまで!お酒のメニューが豊富。

本日は6人が飲み会に参加。まずは、瓶ビールで乾杯です。

突然ですが、瓶ビールのグラスって実は大事なんです。

グラスが大きければ、注いだあとに飲みきれなくてどんどんぬるくなる……。

逆に小さ過ぎると、それはそれで物足りない……。

三定さんのグラスはちょうどいい大きさで、私は地味に感動しました!

「次、何飲もうかな?」と考えていたら、店員さんがとてもフレンドリーにオススメの飲み物、食べ物を紹介してくれました。

この瓶ビール、なんと日本酒の「八海山」の酒造が作ったクラフトビールなんです!

ラベルがオシャレ!

6人で、「どのビールの味が好みか?」なんて、5種類をシェアしながらワイワイ盛り上がりました。

私は黒ビールが好きなので、普通の黒ビールよりも後味がさっぱりしているのにコクも感じられる「ALT」が一番好きでした。

八海山のクラフトビールを嗜んだら、やはりこれも飲みたくなる!

ドーーーン!

日本酒・八海山!!

いったい、何回乾杯するんだよ、というくらいテンションMAX!!

和食にはやはり日本酒が合いますもんね~。

麦焼酎・ちょっぺんの水割りも楽しみました。

お酒のメニューが豊富なので、迷ったら店員さんに気軽に話しかけるのをおすすめします。お酒の知識に詳しくて、親身になって次の一杯を考えてくれますよ!!

さすが老舗!料理がどれも美味しすぎる!

まずはお通しで出てきた「フキのおひたし」。

上品な味わいでさっぱり楽しめました。

お酒の時と同様に、お通しを食べたタイミングで、「オススメの料理は?」と店員さんに聞いて色んな料理を頼みましたよ。

「三点盛り合わせ刺し身」

味はさることながら、きれいに盛り付けられたお皿を見ると料理に対しての情熱を感じられます。お通しもしかり、料理一つ一つがとても丁寧に盛りつけされていて舌でも目でも楽しませていただきました。

店員さんがおすすめしてくれた「自家製さつま揚げ」。

いつも食べているさつま揚げとは違い、練り込まれている具材の食感が楽しめます!
ふわっとしていて優しい味でした。

「枝豆」も茹でたてが出てきます。

茹でたてのえだまめは止まらなくなるほどの美味しさ。

「カツオのたたき」

上にびっしり薬味が乗っていてさっぱり食べられる一品。

絶品「谷中生姜」は日本酒との相性バツグン!

「合鴨ロース」は食べた瞬間感動しました! お肉が柔らかくてさっぱり楽しめます。

こちらもカツオのたたき同様、薬味がどさっとかかっているのに、肉も薬味もお互いが邪魔しない絶品の味でした。

「みょうが美味い! ねぎ美味い!!」という声があちこちから聞こえていたのも印象的です(笑)。

そして、なんといっても、「たまご焼き」。

どうやったらこんなたまご焼きがつくれるのか? と、ため息がでるほどに、ふわっとしていて優しい味です。さすが老舗の名店と思えるような美味しさでした。

「こまどぜう唐揚げ」

どじょうの唐揚げです。

実は私、子どもの頃にどじょうを飼っていました。よく見るとどじょうって、顔がかわいいですよね。そして、なおかつ食べてもいました。今で言う「食育」を無意識でしていたんです。

そんな愛着のあるどじょうを食べて、「どじょうはヌルヌルしていて美味しくない」と思ってました(子どもって残酷……)。

しかし、このからあげは絶品! サクッとしていて美味!

どじょうがこんなに美味しいなんて!!!

驚きです。

「白魚の唐揚げ」

外はカリッと。中は白魚がふわっとしていて、お酒を一口飲んだら思わず手が伸びる。止まらなくなる美味しさでした。

そして、お待たせいたしました! こちら名物の「かき揚げ」です。

かき揚げってぼろぼろ衣から崩れ落ちる印象があったのですが、さすが名物! 衣がしっかりしているので天つゆにつけても全然崩れません。

この技術は老舗にしか出来ない技術だと思います。

味も外はカリッとしていて中に入っているエビがプリップリで、これこそ本物のかき揚げ!

ただ、惜しむらくは、撮影陣も酔いがまわってきてしまい、写真がイマイチ上手くない!(笑)

「穴子天ぷら」

見た目のインパクト大な穴子天ぷら。

大きいので6人でシェアしました。こちらもしっかり衣がついていて、天つゆにつけても崩れません。

中の穴子のふわふわ感が絶品。

「明日地球が滅びるなら何食べる?」という小学生のような、どうでも良い質問が飛んできたら、私は迷わず「三定の穴子天ぷら」と答える自信があります!

そのくらい美味でした。でも、こちらも写真が……。おい、カメラマン、ちゃんと撮りなさーい!!

そして、極めつけはシメの「ざるそば」。

お酒もごはんも楽しんだので6人で3人前を頼んだら、3人前を6等分して、一人一人ざるに盛ってくれました。なんという心遣い……。

しっかりとコシがあり、そばの風味も味わえて、それはそれは美味しかったです。

まとめ:おいしいお酒とごはんは人を笑顔にしてくれる。

美味しいものを食べたり、飲んだりすると日頃の疲れが吹き飛んで会話が弾みますよね?

今回参加した6人も、帰りまでずっと笑顔で盛り上がりました。

自分で、「これ食べたい! これ飲みたい!」と決めて行くのもいいですが、お酒の知識や料理の知識が豊富な店員さんに、おすすめを聞いて頼むのが楽しかったです。

皆さんも是非、天保8年から続く老舗の名店でおいしい料理やお酒を楽しんでください。

ちなみに、浅草にある「三定」とは、のれん分けをした親戚的な間柄ということでした!

文:太田ウシ美
写真:伊勢新九朗

このお店の特長
居心地の良さ
(4.0)
のんびり度
(4.0)
おひとり様
(4.0)
長居度
(4.0)