教えたくないけど、知ってほしい。浅草橋呑兵衛さんの心を掴む裏路地鶏屋「ことり」の実録レポ

呑兵衛にとって「馴染みの店」というのは、「ありのままの自分」で酔える誰にも教えたくない秘密基地的な存在・・・と、いい意味で出し惜しみする方もいるのではないでしょうか。

今回お邪魔した「炭火焼鶏 ことり」は、そんな常連さんが夜な夜な集う鶏屋さん。

実際、以前取材外で来店した際、「本当にココは教えたくない! でも、好きな店だからついポロリと話をしてしまう(笑)」と、お店への愛を語るナイスミドルと並んだこともありました(笑)

「浅草橋を歩く。」初参加の私、トミタがそんなエピソードを引っ提げ、編集長を引っ張り出して実録レポを敢行!

左党の心もググッと掴む日本酒も捨て難いですが、まずは、浅草橋界隈では珍しい生ビール『マスターズドリーム』で乾杯です♪

浅草橋の裏路地にある秘密基地

新旧さまざまな飲食店が並ぶ浅草橋駅周辺。そんな中、個性的なお店が集まる路地裏のビル2階にことりはあります。

浅草橋東口から徒歩1分という場所にも「裏路地」があるのも浅草橋のいいところ。

ささっつ!扉を開け、階段を上がれば……そこは呑兵衛さんたちの拠り所。

週末とあって、店内はほぼ満席だったので、残念ながら店内写真は撮れず。

ま、正確に言うと、後半に撮る機会がありましたが、気がつけば二人ともほろ酔い気分で完全にスルーしてしまいました(笑)

でも、4年目とは思えないほど、綺麗で清潔感のある店内。トイレも広めで、掃除の手が行き届いているのも高ポイントかと(←のっけから上から目線かーい!)。

呑兵衛コンビが推す串と肴

気の利いたお通しと一品料理

まずはお通し。

私、「お通しはお店の予告編」が持論であり、外食の際はココでテンションが大きく変わります。

ひと目でわかる丁寧な盛り付け、味も優しく、もっと食べたくなる絶妙なボリューム!

はい、言うまでもなくテンションマックスです(笑)

一品目は、ささみ刺し。

パサパサ感はゼロ!むしろ、もも肉か?と思うくらいの柔らかさ。これだけでビール2杯はイケます。

続いて、この時期が旬である谷中生姜。

一般的な生姜とは違い、辛味が少ないのが特徴。程よい酸味が酔いどれモードにそっとブレーキをかけてくれる名脇役。

編集長にとってマストな一品。コチラがメニュー内にあると必ず頼むのだとか。

焼鳥は三種の薬味でオレジナルの楽しみ方を。

ココで真打・焼鳥を待つ間、テーブルに常備してある薬味を見てイメージトレーニングを。

左 : 黒七味 中 : ゆず一味 右 : 山椒

左 : 黒七味 中 : ゆず一味 右 : 山椒

こちらの薬味、京都から取り寄せた一般販売されていない代物。焼鳥はまず、そのまま食べてから、自分好みのパンチと風味を加えて楽しむのがことりスタイル。

左から、レバー・ハラミ・モモ・セセリ

左から、レバー・セセリ・モモ・ハラミ

個人的に驚いたのがレバー。千葉県銘柄鶏『水郷赤鶏』を使い、フワッとした食感のあとに、炭火の香ばしさが広がります。

一般的なレバーとは違い、赤身に違い独特の旨味があるので、非常にアトを引きますね!

私的には、ゆず一味が最強の相棒かと。

左から、ハツ・ぼんじり・つくね

左から、ハツ・ぼんじり・つくね

串は全て程よいサイズになっているので、女性でも食べやすいと思います!

はつもと(水郷赤鶏)

『はつもと』とはハツ(心臓)とレバーにつながる部位であり、脂のジューシーな味わいが楽しめるのが特徴。今回注文した焼鳥の中で最も柔らかく、旨味が強いのでお酒がススム!

王道から希少部位まで揃っていますので、大半の方は相当悩む。が、そんな時には味のバランス&コスパが良い「おまかせ串盛(1,450円〜)」が吉。

薬味のチョイスも、スタッフさんから提案してくれるので、遠慮なく聞いてみましょう!

ハイコスパのボトルワインもあり

ビールもほどほどに、時間と共にワインへシフト。

スーリア・ロッソ(イタリア・ミディアムボディ)

フルボトルなのに、お値段たったの3,000円!なハイコスパワイン。せっかくなので、ワイン目線のお料理を。

ワインと言えばコレでしょ!濃厚で、甘みの強いパテ…その相性は言うまでもなく、最高です。

クリームチーズの味噌漬け

個人的には今宵のMVP!実に「ワイン泥棒」な一品で、ひと口食べればお口が欲します、赤ワインをね(笑)

コッテリ系が続いたので、箸休め的な料理も数品チョイス。

ポテトサラダ

問答無用な酒の肴。ジャガイモを完全に潰すタイプとは違い、芋とキューリの歯ごたえを残したヤンチャ系ポテサラ。

水なすのお刺身

こちらも夏の旬食材。野菜の味がダイレクトに伝わるので、塩だけでシンプルに頂くのがベスト。

ひとしきりワインを楽しみ、気がつけば終電まであと少し…。

が、しかし、ココで終われないのが腹ペコ編集長。

コチラをただの卵かけごはんと思ったら痛い目みます、良い意味で。

出汁トロロを忍ばせた卵かけごはんに、燻製醤油をかけた一品ですが、その味わいは本当に絶品。

優しい口当たりですが、しっかりとした食べ応え。編集長もお気に召したらしく、ほぼ一気に完食です。

店主が浅草橋を選んだ理由

お腹も満たされ、最後に店主・小笹さんからお話しを伺う時間を頂きました。

店主は北海道の出身で、単身東京へ移ってからは名店を渡り歩き、料理と接客を学んで4年前に独立。

「昔から店を構えられている先人の皆様を始め、若い世代も次々と集まり、新しい東京の魅力を感じて、浅草橋に店を構えました。そんな街を皆で盛り上げ、楽しい街にしていきたいですね!」

そんな想いを、優しい表情で話してくれました。

「料理人の人柄が料理にあらわれる」と言う評論家もいましたが、まさに、本当にソレ。料理は全て優しく、奥深く、店主の想いがダイレクトに伝わる代物ばかり。

小笹さんの人柄と、それが見事に反映された料理の数々に惹かれ、連日カウンターが賑わっているのも納得ですね。

各地の銘酒が定期的に入荷されるので、別の機会に日本酒と一品料理でしっぽりレポートってのも悪くないかも。取材を終え、しみじみと感じました。

「本当にこの店、教えたくないけど、知ってほしい……カモ」

通いやすい手頃な価格設定、お酒との相性を考慮した巧みな料理たち、スタッフのキャラ、ゆっくりと呑める空間作りetc…

みんなに知ってほしいけど、もっと流行ったら入ることができなくなっちゃう・・・?

冒頭でも書いた、常連さんのナイスミドルが話していた事が腹落ちしましたね。

小笹さんとスタッフさん、面白いお話しと美味しいお料理、本当にご馳走さまでした!

文/写真:トミタ キョーヘイ
写真サポート:伊勢 新九朗

このお店の特長
居心地の良さ
(3.5)
のんびり度
(4.0)
おひとり様
(4.0)
長居度
(3.5)