【閉店】居酒屋で本格イタリアンが楽しめる!? 老舗酒場「住吉」がランチ営業を開始!

地元民に愛され、毎夜賑わいを見せる浅草橋の居酒屋「住吉」。娘さんご夫婦がランチ営業を始めたと聞いて、編集部も遊びに行ってきました!

夜の居酒屋とは違って、メニューは本格イタリアン! 自家製パスタのボロネーゼや、ゴルゴンゾーラのペンネ。タプナードソースのチキンソテーなどなど、おしゃれで美味しそうなお料理が目白押し! そして、どれもリーズナブルなお値段!!

「浅草橋でインスタ映えするようなもの食べたいな~」っていう方から、「子ども連れだけど、ゆっくりおいしいイタリアン食べたい」というお母さん、「娘が写真を撮っている旨そうな奴を食べてみたいんだけど、子洒落た店には行きにくいんだよなぁ」というお父さんまで、満足すること間違いナシです。

夜の住吉の様子はこちらから

常連に愛される老舗大衆酒場「住吉」は活気が溢れる浅草橋の楽園!

夜とは違った雰囲気の住吉

居酒屋営業時とは違って、「LUNCH」と書かれた看板や本日の持ち帰りメニューが書かれた看板が出ています。暖簾も、真っ白なものがかけられています。

現在、ランチ営業は1カ月に4日間。営業している曜日も月々によってバラバラなので、外にある看板と中にあるパネルをみて確認してくださいね。

店内は広々としていて、お子様連れのママさんたちもお食事に来ていましたよ。

ラインナップをチェック!

演歌の代わりに洋楽が流れるなか、渡されたメニューは名前からしてどれもおいしそう。

セットだと【前菜・スープ・ドリンクorデザート】の3品が付くのですが、それでも1000円弱ってお得過ぎません?

ドリンクも気になるものがいくつも……。

厨房を覗くとおいしそうなお料理がどんどん作られていて、あれもこれも食べたくなってくる……。どれにしようか迷ってしまいました。

絶品! 本格イタリアン

悩みに悩んで今回私が選んだのはコチラ。

悩みに悩んで今回私が選んだのはコチラ。

  • サーモンフライ タルタル&ミニトマトのビネガーソース→1100円

こちらは、【スープとドリンクorデザート】がセットになっています。

【ひよこ豆のスープ】はさっぱりとした味わい。とっても飲みやすい。

編集長と先輩は、【自家製パスタ ボロネーゼ】と【牡蠣と青さ海苔 ペペロンチーノ】をチョイス。パスタメニューをセットにすると、【前菜・スープ・ドリンクorデザート】が付きます。

【前菜】 左から、ラタトゥイユ、洋ナシとマスカルポーネのタルト、白子のパンナコッタ

なかでも驚きだったのが、白子のパンナコッタ。「え? 白子ってあの白子??」と少し困惑。そういえば、ここは居酒屋でしたね。

プルプルとした白子を揺らしながら口に運ぶと、ヨーグルトのようなまろやかな味が口いっぱいに広がりました。上に乗せられたゆずがアクセントになっていて、さっぱりとした風味も楽しめます。

個人的にお気に入りは、洋ナシとマスカルポーネのタルト。サクサクのタルト生地と、洋ナシの甘さ、チーズの酸味が合わさって、またこれがとっても美味しい! トッピングされたくるみが食感に変化を加えてくれます。デザートとして大きいのを食べたいくらいです。

前菜を楽しんだあとは、主菜のサーモンフライをいただきます。大きくカットされた肉厚のサーモンフライが3つも! サーモンの甘さが口いっぱいに広がります。軽い食感のフライで、噛む度に「サクッ、サクッ」と心地よい音が聞こえてきます。

分厚いサーモンは、まるでステーキ肉を食べているかのよう。

玉ねぎとトマトが使用されたビネガーソースはトマトと酢の酸っぱさが引き立つ冷たいソース。アツアツのサーモンフライにかけるとまた、違ったおいしさが楽しめます。時間が経って、ビネガーソースがフライに染み込んでも、サクサク感は消えませんでした!

前菜にもついてきたカポナータは、ビネガーソースに比べると甘め。ズッキーニやニンジンなども入っているので、野菜が欲しい女性にもうれしい一品。

  • 牡蠣と青さ海苔 ペペロンチーノ→950円(セット) 700円(単品)

こちらは、【牡蠣と青さ海苔 ペペロンチーノ】

テーブルに置かれた瞬間から、磯のいい香りが漂ってきました。海苔の風味とにんにくの味わいがうまくマッチしています。ペペロンチーノですがそこまで辛くなく、お子様でも食べられる一品です。

  • 自家製パスタ ボロネーゼ→1050円(セット) 900円(単品)

こちらは、【自家製パスタ ボロネーゼ】

ペペロンチーノと違い、もちもちとした平麺になっています。

見た目でわかるように、牛肉がたっぷり使用されています。食欲をそそるお肉の香りが漂ってきます。お味もガツンと牛肉の旨味を感じる、食べ応えばっちりなボロネーゼ。

ペペロンチーノと比べると量が少なく見えますが、もちもち麺と牛肉がかなりお腹にたまるので、男性でも満足できるボリュームです。

お待ちかねのデザート。今回は、【季節のパンナコッタ】と【日替わりデザート ガトーショコラ】を注文。

パンナコッタは、とろとろのプリンと甘さのなかにほろ苦さを感じるカラメルが絶妙に合わさっていました。上に乗せられた洋ナシがまたさわやかな甘みで美味しかったです。

ガトーショコラは、チョコの甘みがたっぷり詰まったしっとりケーキでした。口のなかで溶けていくガトーショコラは、幸せな時間を届けてくれます。

編集長が注目していた、特製レモネード。お湯割りか炭酸割りが選べ、今回は炭酸割りを注文してみました。

酸っぱさのなかに、はちみつのような甘さがあるレモネード。細かくしたレモンの皮が入っていて、一緒に飲むと苦みも楽しむことができます。じっくりコトコト煮込まれたレモンの皮は、無農薬のものを使うというこだわりも。独自の調合で作ったスパイスも使われていて、ここでしか飲めないレモネードです。

デザートと一緒に飲むと、口のなかをさっぱりとリセットしてくれるので、あわせて注文することをオススメします!

店舗情報

JR浅草橋駅 東口から徒歩5分ほどの場所にあります。

夜だけじゃなく、昼も人が集まる場所になりそうです!

夜は写真中央の女将さんが、昼は向かって右側の女将の次女・英恵さんと旦那さんの二人が営業しています。ちなみに、向かって左側は、浅草橋勝手に親善大使こと長女の百恵さん。まさに浅草橋一家!

「住吉」

営業時間:11:00~15:00(L.o14:15)

お問い合わせ:03-3851-1910

文:増田 朱音
写真:伊勢 新九朗