隅田川沿いのテラス席を独り占め、浅草橋ルーサイトカフェ&バー

秘密にしておきたいくらい素敵な場所

『ゆーこあらが浅草橋を歩く。』4回目は柳橋エリアにやってきたよ。この辺りは、江戸中期の頃から花街として栄え、隅田川沿いには多くの料亭があった場所です。

今回お邪魔するのは、「ルーサイト カフェ&バー」。ギャラリー&カフェとして利用している方は多いかもしれないけど、実は、18時から24時まではバーとして営業しているのです。

珈琲一杯からOK!超穴場の「ルーサイト カフェ&バー」

なんとも古い佇まいで“一見さんお断り”な雰囲気がしなくもないですが、入り口に「珈琲一杯からどうぞ!」とあるので入ってみるよ。

そろり、そろり…

そろり、そろり…

初心者にはハードル高め…

初心者にはハードル高め…

雰囲気のある小道を進み、ガラガラと扉を開けると、旅館風の古いお屋敷に圧倒されます。玄関でスリッパに履き替え細い廊下を進み、急な階段で2階に上がります。

実はこちらの建物、元々は昭和の流行歌手「市丸姐さん」のお屋敷。戦後に建てられた建物を2001年にギャラリーとしてオープンさせました。

市丸姐さん!

市丸姐さん!

2Fは、テーブル席、お座敷、ソファ席、窓に面したカウンター席など、十分なパーソナルスペースがある面白い配置のカフェスペース。

そして、テラス席。目の前は隅田川!

こんな素敵なロケーションのカフェ&バーがあるなんて、既に興奮気味。写真撮りまくっちゃうよ。

スカイツリーも見えるよ

スカイツリーも見えるよ

秘密にしておきたいくらい素敵な場所

秘密にしておきたいくらい素敵な場所

こんないいロケーションなのにやはり穴場なのか、満席ではなく静か。BGMは遠くに聞こえる総武線の音。屋形船もいい演出をしてくれる。

ルーサイトカフェ&バーのメニュー

こんな素敵な雰囲気でのんびりとお酒を楽しみたい。生ビールはエビス(700円)。これ、最高だよね。ハイボールはデュワーズ(800円)。ウィスキーはマッカラン12年、アードベック、ブラックブッシュなど品ぞろえも◎。ワイン、日本酒、カクテルもあるよ。

お通し(500円)はドライフルーツとクリームチーズのカナッペ。クリームチーズにはフィグと明太子が入っていて初めての味。これはワインがいいかも??それにしても、この豆皿が素敵。

小鉢は茗荷と大葉としらすの和え物(300円)。※季節限定

ベビーリーフのサラダはカシューナッツドレッシングで(700円)。

鶏肉とトマトの炒め物(700円)。ほっこり優しい味。

うなぎのペッパーソテー、バルサミコソース(700円)。※季節限定 この辺りから贅沢な時間だな、大人っていいな、と思い始めるわけです。

豆苗の水餃子(3個300円)。豆苗って餃子に合うんだ!美味しい!と発見した料理。

きのこのアヒージョ(600円)でまたお酒がすすむ。

シメはスモークサーモンとレモンのリゾット(800円)。さっぱり、お家でまねしたくなる料理。

それにしても、料理ごとに使われる器が素敵で、器好きさんも喜ぶお店だなぁ。と思っていました。

サイフォンコーヒーが飲めるカフェメニュー

ルーサイトカフェ&バーはコーヒー1杯からOKのお店。カフェ利用としても本当におすすめ。コーヒー(600円)はサイフォン式。カップは、ちょうど当日に展示会もされていた和田山真央さんの作品。

スイーツは迷羊舎の季節のタルト(500円)。この日はラズベリータルト、酸味が程よい。

定番のチョコレートのテリーヌ(500円)は濃厚でコーヒーと合う。スイーツ好きも大満足のカフェです。

ルーサイトギャラリー(公式ページ)

このお店の特長
居心地の良さ
(4.5)
のんびり度
(4.0)
おひとり様
(3.5)
長居度
(4.0)

隅田川テラスを散歩しよう

ルーサイトギャラリーはすぐ近くに隅田川テラスに出られるようになっているので、食後は隅田川沿いを散歩するのがいい。素敵なロケーション、美味しい食事、隅田川沿い散歩。

これ、最高のデートコースだと思ったよ。未体験の方は是非!!!ここはゆーこあらが自信を持っておすすめします。