#アド街 ランキングまとめ!手芸好きの聖地「浅草橋 」のトップ20を振り返ります!

2021年2月27日(土)放送の「出没!アド街ック天国」の舞台は、我らが浅草橋!

「ここのお店知ってる!」「私、この道毎日通ってる!」など、身近な風景が放送されるのは嬉しい限りですよね。

「浅草橋を歩く。」では、実際にランクインしたお店の取材なども行っておりますので、ランキングと一緒にご紹介していきたいと思います。

放送後になりますので、出し惜しみなく1位から順にご紹介していきます!

1位:人形問屋

浅草橋近郊エリアには、「人形は顔が命」でお馴染みの「吉徳」や、天保6年創業の「久月」など初め、多くの人形問屋・専門店があります。

編集部では、「江戸時代から令和へ。8代目が語る日本屈指の老舗人形店 久月のあゆみ」と題し、専務取締役・横山久俊さんのインタビューと店舗レポートを公開中です!

伝統的な製法は守りつつ、現代のニーズに沿った作品づくりを。老舗人形問屋のこだわりと「今」をご紹介します!

見て、買って、作って……大人も子どもも楽しめる人形のテーマパーク「久月」 江戸時代から令和へ。8代目が語る日本屈指の老舗人形店「久月」のあゆみ 専務取締役・横山久俊さんインタビュー

2位:手芸ショップ

コロナ禍で改めて注目されたハンドメイド、手作り、クラフト作品。

アクセサリーパーツショップをはじめ、レザー専門店、ウレタンショップなど、素材のことなら浅草橋を外すことはできません。今後は、手芸というテーマに着目し、取材の幅を広げていく予定です!

アド街で紹介されていたお店は未取材ですが、リングやブレスレットのパーツの品ぞろえが豊富な「リベルタストーキョー」さんもおすすめなので、ご紹介しておきます。ここではリングづくりのワークショップも定期的に行なっています。編集部でも挑戦してきました!

浅草橋「LIBERTAS TOKYO」で気軽に楽しむアクセサリー作り(リベルタストーキョー)

3位:シモジマ 浅草橋本店

浅草橋の代名詞とも呼べる、ラッピング用品など包装資材のデパート。個人のお客様はもちろん、テイクアウト需要が高まった2020年は、テイクアウト用の食品容器も数多く展開しています。

編集部では、「シモジマ全フロアガイド」の取材を終え、現在編集作業中です!

公開まで今しばらくお待ちください。

4位:江戸前の老舗

老舗と新店が入り混じるのも、浅草橋の魅力の1つです。江戸時代から続く歴史深い飲食店も数多く、その歴史に触れることで、より一層味わい深いひと口になることでしょう!

今日は蕎麦屋で飲みませんか?創業江戸安政元年の老舗「あさだ」で酒肴を堪能。 [前編]伝統を守りながら進化する。 [江戸蕎麦手打處あさだ]8代目・粕谷育功さんインタビュー [前編]160年余、守り続ける江戸前の佃煮。[鮒佐]5代目・大野佐吉さんインタビュー [前編]昨日より今日、今日より明日、いいものを。「季節の佃煮 小松屋」四代目・秋元治さんインタビュー

5位:玩具

「ジェニー」や「リカちゃん」を、ほぼ発売当時の定価で販売している「TOTOCO」さんは、なんと全国からファンが訪れる着せ替え人形の専門店! 元々は、玩具の卸問屋だったそうです。

その他にも、「セガトイズ」「アガツマ」などの有名メーカーも紹介されていました。

玩具のお店にかんしては、まだまだ取材が足りていません……! 今後の編集部にご期待ください。

ここでは、同じような玩具に近い、ロシアの雑貨店「ロシアンティ」をご紹介しておきますね。めずらしいマトリョーリカなどが多数あり、東欧の玩具を楽しむことができます。

ここが浅草橋のロシア!「ロシアンティ」は宝の山だった

6位:水新菜館

いつも混んでいる人気の町中華。看板メニューの「あんかけ焼きそば」は、一度は食べて欲しい料理のひとつです!

また、水新菜館の裏手に2018年にオープンした新店舗のワインバー「水新はなれ紅」は、すでに取材を終え、現在レポートを作成中です。今しばらくお待ちください。

味も接客も天下一品!絶品中華料理店「水新菜館」で極上のランチタイムを満喫♪ 【浅草橋の粋人】最高水準のおもてなしで、来客者に美味しさと感動と驚きを提供する名物店長 中華料理店『水新菜館』オーナー・寺田規行さんインタビュー

7位:屋形船

実は、まだ取材ができていない屋形船。テレビで紹介されていた「三浦屋」さん含め、界隈の方々につないでいただくことになっていますので、レポート楽しみにお待ちください。

ここでは、そんな屋形船を眼下に眺めながら宿泊することができる、老舗ホテル「ベルモントホテル」の記事をご紹介しておきます。

下町感溢れるリバービュー!浅草橋だけにしかない「ベルモントホテル」

8位:文具メーカー

え? 浅草橋って本当に何でもあるじゃん! と感嘆の声が漏れたような気がする第8位は、クレヨンなどで有名な「サクラクレパス」や、昭和22年創業の「ツバメノート株式会社」など、誰もが聞いたことがある文房具メーカーの数々がランクイン。

アド街で紹介されていた「ツバメノート」さんは、緊急事態宣言後、落ち着いてからの取材&インタビュー記事を予定しています。

ここでは、そんな文房具メーカーとは別に、独自の展開を見せるこだわりのお店「カキモリ」をご紹介! 蔵前にあった姉妹店のインクスタンドもお引越ししてきたので、ここで、自分だけのインクをつくることができちゃいます。場所は三筋にありますが、「浅草橋」駅からも十分徒歩で行ける範囲ですので、浅草橋散策の流れに組み込んでみてはいかがでしょうか?

【おとなの社会科見学・第4回(前半)】 “書く”ことを楽しむアイテム満載の文房具店カキモリ 「まつざきしおりの浅草橋歩き大作戦」No.3 衝撃! カキモリさんでの思い出

9位:長谷川商店

全国トップクラスの品数を誇る花火問屋。一般個人の方も気軽にお買い物してOKとのことです!

花火コーディネーターと呼ばれる花火のプロが、夏祭りやイベントなどの花火演出の相談にのってくれるんだとか。

初心者でもOKな浅草橋問屋巡り ~革・アクセパーツ・造花・花火・バルーン編

10位:浅草見附跡

「浅草橋」という名前の由来がここにあり! 編集部員が町を歩き、「浅草橋」のルーツを追いかけました。

なんで『浅草橋』っていうの!?地名の由来を求めて、テクテク散歩【浅草橋歴史散策】

11位:ハンドメイドワークショップ

今、「10年に一度のハンドメイドブーム」という、アド街のキャッチコピーではないですが、浅草橋にあるパーツショップでは、店内でワークショップを実施しているところも多数あります。

ちなみに、ここで紹介する「gigi-fabbrica」は、当サイトを見たアド街スタッフから取材依頼があったそうです。そういうのも、うれしいお話ですねー!

来る人みんなが革に恋する革の手縫い教室「gigi fabbrica」【大人の社会科見学】

12位:砥石森平

昭和8年創業の砥石と打ち刃物の専門店「砥石森平」。

ここは当サイトをはじめた当初から取材に行きたくて仕方なかったのですが、なかなかタイミングがあわず……。

浅草橋のガード下の立ち喰いそば「ひさご」の八っちゃんが、「森平」の社長の奥さんと同級生とのことで、今後取材予定です! そんなご縁なので、「ひさご」をご紹介!

高架下の老舗立ち食いそば屋「ひさご」! 自家製麺のそばはワンコインで絶品!

13位:洋食大吉

なんといってもこのソースが抜群に美味しいのです。なんと、昭和天皇がお好きだったサフランソースで創業当時から変わらずに使用しているとのこと。

このソースがかかっているメニューを頼んだ人たちは、全員が全員、このソースを絶賛していました!

ご家族で体験した大吉レビューはこちらです!

池波正太郎が愛した浅草橋の名店「洋食大吉」はベビーカー入店OKの洋食屋さんだった!

14位:都立忍岡高等学校

2022年に創立110周年を迎える高等学校。教育機関ゆえ取材は行なっていませんが、生徒の方々に、「浅草橋を歩く。」ムービーにご協力いただきました! 当サイトとも何かコラボしたいと、学校の先生とは話しています☆

15位:レトロな建物

レトロな建物をいたるところで見かける浅草橋ですが、本サイトでは、「ルーサイトカフェ&バー」と「葉もれ日」をご紹介します。

どちらも〝レトロ〟と〝今〟が同居していて、浅草橋で一度は訪れてほしい、雰囲気の良いお店です!

チキンカレーの辛さがいい!古民家カフェ「Coffee&Wood葉もれ日」の和モダン空間の心地よさ。 秘密にしておきたいくらい素敵な場所 隅田川沿いのテラス席を独り占め、浅草橋ルーサイトカフェ&バー

16位:レザー店

放送の際に紹介された「gigi-fabbrica」は11位でご紹介しましたので、ここではレザー専門店の「and Leather」をご紹介します! 浅草橋駅前を中心にさまざまな場所に店舗展開している、こちらも〝浅草橋の顔〟と呼べるお店ですよ。

革のことなら「And Leather」へ!店舗の特徴とあわせて一挙紹介 【おとなの社会科見学・第7回】自宅でハンドメイドを始めよう!革販売の「And Leather」でレザークラフト体験

17位:住吉

開業50年。女将が19歳から居酒屋一本で始めたこの住吉。長年にわたって居酒屋を続けてきたことで、娘さんたちの同級生もたくさん訪れ、さまざまな街の常連さんから愛される店となっています。

現在では、夜は女将と大将、昼は娘夫婦でランチ営業を、2階では兄がバーを営業中!

【閉店】居酒屋で本格イタリアンが楽しめる!? 老舗酒場「住吉」がランチ営業を開始! 常連に愛される老舗大衆酒場「住吉」は活気が溢れる浅草橋の楽園!

ちなみに長女は、「浅草橋勝手に親善大使」と称し、浅草橋の素敵な情報を内外に発信し続けています(※浅草橋を歩く。主催の「大人の文化祭2020」では昭和歌謡ショーも実施!気になる方は、浅草橋を歩く。のYouTubeへ!)。

18位:友安製作所Café

気になるお店をとことん深堀する企画「おとなの社会科見学」でお邪魔した「友安製作所カフェ」。

カーテンレールや壁紙など、DIYの材料を実際に見ることができるショールームと、美味しいご飯のカフェを併設した楽しい場所でした!

【おとなの社会科見学・第3回(前半)】 インテリアとDIYとカフェが融合した複合カフェ友安製作所 【おとなの社会科見学・第3回】 インテリアとDIYとカフェが融合した複合カフェ友安製作所(後半)

19位:Stitch leaf

バインダー、表紙、裏表紙などを選んでオリジナルのルーズリーフを作ることができる、ニッチな専門店。こういったこだわりのお店が多いのも浅草橋の魅力のひとつです。

体験レポートや、人気漫画家さんによるレポートもあるので、ぜひ読んでみてくださいね。

「まつざきしおりの浅草橋歩き大作戦」No.4 潜入! ルーズリーフ専門店「Stitch leaf」 話題のルーズリーフ専門店・浅草橋「ステッチリーフ/Stitch leaf」でオリジナルルーズリーフを作ろう!

20位:花嫁ロード

〝花嫁ロード〟なる名称は、実は編集部も初めて知りました。ハッシュタグつけておけばよかった!(笑)

ということで、以下、アド街ック天国公式サイトのコメントをお借りしたいと思います!

ウエディング用アイテムを自作する「花嫁DIY」がいまブームとなっている。江戸通り沿いには、手作り結婚式に役立つお店が充実。近年、新郎新婦たちは、この通りのことを「花嫁ロード」と呼んでいる。(公式ページより)

そして、アド街でも紹介されていた、ネックレスやピアスなどを扱うアクセサリー問屋「アクセサリー大橋」さんから、さっそく取材に来てほしいというお話を頂戴しましたので、こちらも取材にお邪魔する予定です。

ここでは、同じく花嫁ロードとして取り上げられていた、「関正マスヤ」のレポートをピックアップします。9位と同じ記事にはなりますが、ご賞味ください。

初心者でもOKな浅草橋問屋巡り ~革・アクセパーツ・造花・花火・バルーン編

最後に

アド街20選を追いかける旅、いかがでしたでしょうか?

正直、まだまだ浅草橋には魅力的なお店がたくさんあり、とてもではないですが、20選だけでは紹介しきれないと思っています。

ちなみに、現在、当サイトでは100以上の店舗や人を取材してきましたが、2020年の途中から、取材した人たちに「浅草橋を歩く。」と言ってもらう動画を撮影しています。せっかくアド街で紹介されて注目が集まっているタイミングなので、一度、まとめたものをYouTubeにてアップしていますので、ぜひ、こちらも視聴してもらえたらうれしいです。

「浅草橋を歩く。」では、みなさんからのおすすめ情報や、取材してほしいお店などを随時募集しています! また、「うちに取材に来てよ!」というお店も大募集していますので、お気軽にご連絡お待ちしています。

皆で、「浅草橋を歩く。」して、浅草橋を大いに盛り上げていきましょう!

お問い合わせはこちらから

Instagram

Twitter